Genesis

ultimate tools

Genesis発送代行 サービス説明

Genesis発送代行のサービス詳細について

Genesis発送代行サービスに関わる重要事項説明

平素は弊社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、本サービスですが平成30年4月1日を持ちまして、合同会社Genesisから合同会社GLP様に
実務に関する全ての権限を移譲させていただき、発送代行サービスの適用、運用、責任の全てを任せることになりました。

合同会社Genesisは、サービスの募集、HPの運営にのみ関わることになり
発送代行サービスはお客様と合同会社GLP様の2社間にて提携させていただくことになります。

つきましては、サービスの不備、契約不履行などに関するいかなる出来事に関しましても
合同会社Genesisはその責を負うものではございません。

お客様に置かれましては、サービス名称と実運営担当会社が異なることで
誤解を招くことになりかねませんが、数年間の運営実績の結果サービス名称を変更せずにサービスを提供することへの
ご理解を賜われましたら幸いでございます。

合同会社GLP様は、弊社運営時よりもより素早い決断、実行が可能となっておりますゆえ
今までどおり安心して本サービスをご利用いただけたら幸いでございます。

今後共、弊社サービスやソフトウェアをご利用いただけるよう邁進する所存でございます。
何卒、変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

合同会社Genesis

「ネットビジネスってもっと自由だと思ったのに  保管、梱包、発送でちっともどこにも行けない…」

「発送件数が増えすぎて、嬉しいんだけど稼げば  稼ぐほど、自由な時間がなくなってしまう…」

Genesis発送代行サービスはお客様からのこうした声を受けて 「物販に自由を。」をテーマにほぼ全ての発送業務を代行します。

実際にGenesis発送代行は何をやってくれるのか?

どのような作業を代行できるのか? 実際の物販の流れを追いながら説明させていただきます。

1.商品選定~発注

こちらは、ご契約者様が行う作業となります。※通常プランの場合 ご契約者様が商品を発注する際に、今までご自宅や事務所だった送り先をGenesisの倉庫に変更してください。 その後、Genesis指定フォーマットに記載してチャットワークで記載したファイルをお送りください。 FBA納品代行の場合もFBA納品に必要なラベルデータと発送ラベルをお送りください。(またこの際、海外スタッフに発送する段ボールにFBA納品番号をマジック等で記載していただくとスムーズです)

さて、ここからがGenesis発送代行サービスの真骨頂です。

2.荷受け(入庫)

荷受け(入庫)は、ご契約者様が発注した商品をGenesisで受け取る事です。 Genesisの強みとして、海外から送付された、もしくは国内から送付された荷物を、佐川急便様の倉庫と契約することにより、どこよりも早く受け取ることが出来ます。

例えば…

・通常の場合 前日の夜から朝の間に運送会社のセンターに届いた荷物を、トラックに積み込みドライバーさんが出発。 センターから近い場合は午前中に、遠い場合は夕方にご契約者様が荷物を受け取り。その時、たまたま留守だったりすると商品の受け取りが一日遅れてしまう。

・Genesisの場合 佐川急便のセンター2階の倉庫と契約しているため、前日の夜から朝の間に運送会社のセンターに届いた荷物=既に受け取りが完了。 また曜日、時間帯に関係なく受け取りが可能で、留守で着荷が遅れる心配がない。


つまり、他社様より速く、確実な受け取りが可能という事になります。 関税の支払いは、先にクレジットカードなどでお支払いいただくとスムーズですがそこもGenesisにデポジット金をお預けいただく事で代行することが可能です。 本工程はご契約者様に行っていただく作業はございません。

3.検品

Genesisにて荷受けした商品を、教育を受けた社員が一つずつ検品します。 破損したままの商品を、FBAやお客様に送る行為はクレームに繋がりますので、社内基準をクリアした商品以外は必ずご契約者様に連絡を取り、適切な対応を致します。 こちらの工程も特にご契約者様に行っていただく作業はございません。

FBA納品代行の場合は、本工程の後でFBAラベルの貼り付けを行い、梱包後直ちに出荷致します。 ここでも佐川急便の倉庫を利用している事から、多少遅い時間まで発送が可能な事。また、発送料金もお安くできるといった利点があげられます。 こちらの工程もやはりご契約者様に行っていただく作業はございません。

4.倉庫保管(自社出荷代行の場合)

検品終了後、ご契約者様のスペースに商品を分類し保管いたします。 Genesisでは自社開発の保管ラベル発行ツールを使用し、ASIN毎にバーコードを発行し商品保管を行います。 こうすることで、出荷時このバーコードを読み取ることにより、出荷ミスを未然に防いでいます。

5.商品が実際に売れた後(自社出荷代行の場合)

Genesisがお預かりしている商品が、ご契約者様のAmazonアカウントで売れた場合、特にデータのやり取りは必要ありません。他社様はデータのやり取り等があるようですが、Genesisでは自社開発ツールによって未発送商品を自動でピックアップします。 ご契約者様は何も行う必要はなく、ほったらかしでもGenesisから商品が発送されていきます。 ※注.ツールはご契約者様の同意を確認後に使用を開始します。同意いただけない場合は、毎日午前中にご契約者様よりGenesisの指定するデータを送付していただく必要があります。

具体的にGenesisが行う作業の流れとしては ①午前中に未発送商品のデータをダウンロード     ↓ ②専用フォーマットに印刷されたファイルを基に商品をピックアップ  (この時点で送り状、宛名印刷も全てシステムが行いますので配送先の記載ミスなどが起こる心配を極限まで減らしています)     ↓ ③梱包作業(特別な指示が無い限り簡易梱包になります)     ↓ ④発送(郵便局、佐川メール便、ヤマトメール便等)     ↓ ⑤出荷データ作成(送り状番号等も入力)     ↓ ⑥出荷データをご契約者様に送付

ここまでやはりご契約者様に行っていただく作業はありません。

6.データのアップロードとお客様対応

Genesisからお送りするデータをAmazonにそのままアップロードして下さい。 その際に、売れ行き確認やお客様対応をしていただくと効率が良いです。 ここはご契約者様にやっていただく作業になります。(有料オプションにてこちらも代行することも可能です。)

如何でしょうか?これだけある物販の作業の中で Genesis発送代行サービスをご契約いただくと

・商品選定して、仕入れる。       ・一日の終わりにデータをアップロード。 ・お客様対応と売り上げを確認する。  

たったこれだけになってしまいます。 この作業はインターネットに繋がっていればどこでも可能ですので まさに「あなたの仕事場は世界中どこでも。」が可能になってしまいます。

Genesis発送代行サービスを利用するメリット

Genesis発送代行サービスをご利用いただくと代行コストがかかります。 発送費用、梱包資材費、人件費だけを考えるとご自分でやられた方が安い。 そう思うかもしれません。

確かに費用だけを考えると代行サービスを利用するよりも ご自分で管理された方が安くなると思います。

しかし、そこで考えなくてはならないのが「見えないコスト」です。

見えないコストとは

自社に商品を置くという事はそれだけの敷地面積が必要です。 社員さんやパートさんを雇う場合、教育コスト(時間もコストです)がかかります。 商品を管理するのにもお金がかかります。

さらに、そこにリスクをコストに直すと… もし、Amazonが急激に売れる、急激に売れない。そんな状況に陥ってしまったら。

大きな建物を借りて入れば、その家賃、管理費が 売り上げの増減にかかわらずかかります。

パートさんを多数雇用していれば、人件費がかかります。 また急激に売り上げが伸びた時、人手が足りなくなります。

このようなコストを考えれば、Genesis発送代行サービスは 決して高くないことがわかっていただけると思います。

何よりも、「物販に自由を。」を達成することで あなたは「儲かること」「あなたにしか出来ないこと」をやれる環境になる。 これが一番大きいと思います。

・仕入先の開拓   ・物販の方向性   ・国際送料の値下げ などなど、あなたのビジネスを伸ばすチャンスが広がります。

発送代行サービスを契約して代行代金よりも、仕入れを5%値下げして 新たな仕入れ先を開拓し、国際送料を10%下げる。

発送代行サービスを契約しないであなたが司令塔としてパートさんに指示をだし 日々、仕入れに発送にと目まぐるしく行う。

このどちらが今後のビジネスに有益かご判断頂ければ幸いです。

発送代行サービスについてはコチラ 料金の詳細についてはコチラ 他社サービスとの料金比較(自社出荷代行)はコチラ 他社サービスとの料金比較(FBA納品代行)はコチラ

発送代行サービスの導入を検討する

よくある質問を必ずお読みください。